Japanese

これは鎌田雄一郎のホームページです。私はカリフォルニア大学バークレー校ハーススクールオブビジネスにて助教授として勤務しています。このページに私の研究の紹介、日本での活動のニュースなどを掲載する予定です。



ニュース


● 2016年3月21日(月)〜3月22日(火)および3月24日(木)〜3月27日(日)に日本に滞在していました。この間、東京大学にて共同研究に励みました。ちなみに3月22日(火)〜3月24日(木)は香港のChinise University of Hong Kongに行っていました。[08/02/2016更新]


● 2015年11月30日(水)〜12月4日(金)に日本は大阪に滞在していました。この間、大阪大学社会経済研究所を訪問し、3日にはISER Seminar Seriesにてセミナー発表を行いました。発表論文は、"Encouraging Word of Mouth: Free Contracts, Referral Proragms, or Both?"でした。[08/02/2016更新]


● 2015年10月8日(木)〜10月17日(土)に日本に滞在していました。この間、9日〜16日には東京大学のCIRJEにて短期客員研究者に着任致しました。また、滞在中に開催された、上智大学での日本経済学会2015年度秋季大会および慶應大学での第21回DCコンファレンスにも出席しました。[10/22/2015更新]


● 2015年夏は7月24日(木)〜8月18日(火)に日本に滞在します。この間の仕事のスケジュールは以下の通りです。

  1. -----7月24日(木)〜8月18日(火):東京大学のCIRJEにて短期客員研究者に着任致します(と言ってもたまにオフィスに行くくらいですが)。普段は東大か横浜の実家近辺にいるつもりです。
  2. -----7月28日(火):東京大学経済学部でセミナー発表をします。発表論文は、カリフォルニア大学バークレー校のフィリップ・ストラック氏との共著論文"Simple and Detail-Free Reciprocity in Repeated Prisoner's Dilemma"です。論文が間に合えば。
  3. -----7月30日(木):横浜国立大学経済学部でセミナー発表をします。イェール大学のAniko Oery氏との共著論文"Encouraging Word of Mouth: Free Contracts, Referral Programs, or Both?"を発表します。
  4. -----8月3日(火)〜8月4日(水):小樽商科大学で開催される学会「SWET 2015」に参加し、私は「ミクロ経済学/ゲーム理論」というセッションで発表をします。発表論文は、カリフォルニア大学バークレー校のフィリップ・ストラック氏との共著論文"Simple and Detail-Free Reciprocity in Repeated Prisoner's Dilemma"です。こちらも、論文が間に合えば。[07/22/2015更新]

● 2014年12月11日(木)〜12月16日(火)に日本に滞在していました。この間、横浜国立大学にて無藤望氏と共同研究をしました。[12/18/2014更新]


● 2014年夏は8月17日(土)〜8月22日(金)に日本に滞在します。この間19日(火)〜8月21日(木)は早稲田大学で開催される14th SAET Conference on Current Trends in Economicsに参加し、私はTopics in Economic Theory IIというセッションでハーバード大学の飯島良太氏との共著論文を発表をします。また無藤望氏がNon-cooperative Coalitional Bargaining Theory Iというセッションで私との共著論文を発表します。[08/14/2014更新]


● しばらく更新を怠っていました。この間いくつか告知がありましたのでまとめて書いておきます。2013年12月23日号の「エコノミスト」に僕の名前が2回ほど登場したようです。また、2014年1月7日に、日経ビジネスオンラインの気鋭の論点に、小島武仁氏と書いた記事が載りました。[03/19/2014更新]


● 2013年12月3日(火)〜12月6日(金)に東京大学のCIRJEにて短期客員研究者に着任致します。また、同12月4日(水)に東京大学経済学部でセミナー発表をします。論文要旨などはこのページをご参考下さい。[11/21/2013更新]


● 2013年7月24日(水)にマーケティング・サイエンス 学会マーケティング・ダイナミクス部会にてセミナー発表を行います。発表論文は"Network Formation Model with Individual Sociability" (joint with Daisuke Fujii)および "Social Distance and Network Structures" (joint with Ryota Iijima)です。[07/07/2013更新]


● 2013年7月19日(金)に一橋大学の経済理論ワークショップCTWE にてセミナー発表を行います。発表論文は新作"Games with Private Timing" (joint with Sofia Moroni)です。[07/07/2013更新]


● 2013年7月8日(月)〜7月9日(火)に東京大学のCIRJEにて短期客員研究者に着任致します。[07/07/2013更新]


● 2013年夏の日本滞在日程が決まりました。7月3日(水)〜7月9日(火)、7月14日(日)〜7月30日(火)に日本にいます。滞在中は数日を除きこれといって予定があるわけではないですので、セミナー/飲み会など皆様適度に誘ってください。ちなみに7/10〜7/13はトルコの学会に行っています。[04/17/2013更新]


● 2013年1月26日(土)に発売の経済セミナーに、「[2012年ノーベル経済学賞]マッチング理論──ロスおよびシャプレーの功績とその影響」という私と小島武仁氏との共著の記事が載っています。書店で探してみて下さい。内容は、少し数学のバックグラウンドとのある人向けです。


● 2013年3月16日(土)に慶應義塾大学三田キャンパスで開催されるWEAI's 10th Biennial Pacific Rim ConferenceのFrontier of Market Designというセッションで学会発表をします。ハーバード大学の飯島良太氏との共著論文です。論文は当日までに仕上げますのでしばしお待ちを。 追記:同学会にて3月15日(金)に小島武仁氏が私との共著論文を発表します。


● 2013年1月15日(火)に東京大学経済学部でセミナー発表をします。論文要旨などはこのページをご参考下さい。


● 2012年12月29日(土)に共著者の小島武仁氏がGRIPS(政策研究大学院)で私との 共著論文を発表します。詳しくはこのページをご参考下さい。


Japanese

All Content Copyright © Yuichiro Kamada.