Japanese

Zoomで経済学


日本人経済学者が、情報発信の一環として、自身の最新論文について一般向けにレクチャーするシリーズです。

この会の情報は、Twitterにも五月雨式に更新されます。


第14回 2021年1月20日(水)21:30〜 次回!
発表者:奥山陽子(ウプサラ大学経済学部助教授)
演題:『歴史データを使った因果効果の測定: 戦後占領期の女性向けラジオ政策に着目して』
Zoom ID: 988 2365 3030
パスワード:069278
このリンクからもいけますが、どちらにしろ上記パスワードは必要になります。Zoom webinarの仕様で、入室の際にメールアドレスを聞かれるかもしれませんが、そこで得られた情報を主催者(鎌田)が何かに使うということはありません。


      

第13回 2021年1月6日(水)21:30〜 終了
発表者:鎌田雄一郎(UCバークレー・ハース経営大学院准教授)
演題:『人質交換』
レクチャーは、"Sequential Exchange with Stochastic Transaction Costs" (joint with Neel Rao)と"Strategies in Stochastic Continuous-Time Games" (joint with Neel Rao)に基づくものでした。


      

第12回 2020年12月9日(水)21:30〜 終了
発表者:川口康平(香港科技大学・経済学部助教授)
演題:『合併分析の最先端:『無料』アプリの市場支配力をどう測るか?』
レクチャーは、"Merger Analysis in the App Economy: An Empirical Model of Ad-Sponsored Media" (joint with Toshifumi Kuroda and and Susumu Sato)に基づくものでした。


   

第11.5回 2020年11月25日(水)21:30〜 終了
「Zoomで経済学感謝祭対談企画:伊神満・鎌田雄一郎 実証研究の話をしよう」
登壇者:伊神満(イェール大学・経済学部准教授)&鎌田雄一郎(UCバークレー・ハース経営大学院准教授)


  

第11回 2020年11月11日(水)21:30〜 終了
発表者:菅谷拓生(スタンフォード大学・経営大学院准教授)
演題:『顔の見えない社会で協力を達成するには?:匿名社会の繰り返しゲームの理論』
レクチャーは、"A Few Bad Apples Spoil the Barrel: An Anti-Folk Theorem for Anonymous Repeated Games with Incomplete Information" (joint with Alexander Wolitzky)に基づくものでした。


第10回 2020年10月28日(水)21:30〜 終了
発表者:上武康亮(イェール大学・経営大学院准教授)
演題:『経済理論とデータに基づくプラットフォーム設計: P2P 消費者ローンにおける価格システム』
レクチャーは、"Signaling in Online Credit Markets" (joint with Kei Kawai and Ken Onishi)に基づくものでした。


    

第9回 2020年10月7日(水)21:30〜 終了
発表者:林貴志(グラスゴー大学・アダムスミス経営大学院教授)
演題:『時間と我慢強さの経済学』
レクチャーは、"Social discount rate: spaces for agreement" (joint with Michele Lombardi)に基づくものでした。


   

第8回 2020年9月23日(水)21:30〜 終了
発表者:田中万理(一橋大学・経済学部講師)
演題:『グローバル化は低所得国の人たちにとっていいこと?あなたの服の生産現場より』
レクチャーは、"Exporting Sweatshop? Evidence from Myanmar"と"Globalization and Female Empowerment: Evidence from Myanmar" (joint with Teresa Molina)に基づくものでした。


第7回 2020年9月9日(水)21:30〜 終了
発表者:小島武仁(スタンフォード大学・経済学部教授)
演題:『マーケットデザインであれもこれも解決できます!』
レクチャーは、"Equal Pay Laws in Labor Markets" (tentative title) (joint with Bobak Pakzad-Hurson), in progressに基づくものでした。


第6回 2020年7月29日(水)21:30〜 終了
発表者:鎌田雄一郎(UCバークレー・ハース経営大学院准教授)
演題:『プライシングの経済学 ディズニーランドで、お金儲け?』
レクチャーは、"Flash Pass" (joint with Harry Zihao Zhou)に基づくものでした。


第5回 2020年7月8日(水)21:30〜 終了
発表者:伊藤公一朗(シカゴ大学・公共政策大学院准教授)
演題:『マーケットデザインとデータ分析で電力市場を設計する』
レクチャーは、"Market Design for Electricity: Theory and Evidence"に基づくものでした。


第4回 2020年6月24日(水)21:30〜 終了
発表者:戸田アレクシ哲(UCサンディエゴ・経済学部准教授)
演題:『経済理論が新型コロナウィルス感染症対策にどう役立つか』
レクチャーは、"Existence and Approximate Constrained Efficiency of Epidemic Equilibrium" (joint with Thomas Phelan and Joel Sobel)に基づくものでした。


第3回 2020年6月10日(水)21:30〜 終了
発表者:伊神満(イェール大学・経済学部准教授)
演題:『囚人のジレンマの(ほぼ)合法的解決』
概要は、伊神さんのサイトをご覧ください。
レクチャーは、"Measuring the Incentive to Collude: The Vitamin Cartels, 1990-1999" (joint with Takuo Sugaya)に基づくものでした。


第2回 2020年5月27日(水)21:30〜 終了
発表者:鎌田雄一郎(UCバークレー・ハース経営大学院准教授)
演題:『マーケットデザインで一億総活躍』
レクチャーは、"Fair Matching under Constraints: Theory and Applications" (joint with Fuhito Kojima)に基づくものでした。


第1回 2020年5月13日(水)21:30〜 終了
発表者:鎌田雄一郎(UCバークレー・ハース経営大学院准教授)
演題:『経済理論に予測できること、できないこと』
レクチャーは、"Robust Predictions for Games with Unknown Rules" (joint with Yuhta Ishii)に基づくものでした。



Japanese

All Content Copyright © Yuichiro Kamada.